別府温泉のシンボルと言われる共同湯・竹瓦温泉

別府温泉は、源泉の数や湧出の量は日本一を誇るといいます。

市内の各地域には多種、多数の温泉の湧出を形成していて、これらの別府温泉には大きく分けて八つの地域があり、これらを総称して“別府八湯”とも呼ばれているようです。

その別府市内の地域には沿岸部だけでも浜脇温泉や市域中央部の別府温泉、亀川温泉などの各温泉が点在しています。

その中での別府温泉地域は、JRの別府駅から湾岸にかけての市内中心にある温泉街で、街はこの別府八湯の内では最も賑やかな歓楽街的なところにあり、夜ともなれば巷にネオンが煌く風俗店や飲食業店が犇(ひしめいて)いています。

この賑やかな別府温泉の中心にあり、その象徴的とされているのが共同湯・竹瓦温泉であります。

この共同温泉は昔からの由緒ある温泉で、所謂、四国・愛媛の松山の道後温泉本館と似たような施設で、明治12年に開かれたという古湯なのです。

建物や浴場は、明治を思わせる真にレトロな感じで、面白いのは脱衣が済んでイザ浴槽へと向かうと、そこは階段を降りた地階になっているのです。

その為か、天井が高く、換気も良好な空間で、実に快適なのです。

地元民に大変愛され、朝早くからから沢山の人々が訪れます。

以上のような大分の別府温泉は地元の人だけでなく沢山の観光客も訪れる温泉です。

多くの観光客の人は別府温泉に行くときには空の玄関口の大分空港を利用するといいます。

そして家族旅行で来る人の多くの人が空港のレンタカーを利用しているそうです。

家族で移動するのには車が便利なんでしょうね。だから空港のレンタカーが人気なんですね。

又、特にレンタカーを借りる人たちの大半がネットの予約サイトを利用しているそうです。

レンタカー大分空港といったような予約サイトが格安なので人気なんだそうです。

私も大分の別府温泉に今度行くときには大分空港のレンタカーを利用してみようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です